Event is FINISHED

1 of U: dislocate16

Description

1>>of<<U : リサーチグループ (English is below)
第一回目のミーティング
9月25日(日) 12時~14時
会場:あなたの公-差-転 167-0041東京都杉並区善福寺4-1-1和田ビル4F
www.kosaten.org

お申込み: info@dis-locate.net

日 本は、ひとつの国際社会です。この国には220万人の日本以外の国籍を持つ人が暮らし、昨年は2000万人の観光客が訪れました。さらに、1万8000人 の難民が庇護を求めて日本に逃れ、毎年9万人もの未熟練労働者が「技能実習生」制度を利用し、国内で労働に従事しています。。日本の植民地支配と、それに 伴う東アジア・東南アジアの人々の移動の歴史は、国内で生活する第2、第3、第4世代にわたる「在日※」の人々の存在によって可視化されています。植民地 支配から続く「在日」の人々に対する差別は、近年ヘイト・スピーチなどの直接的な攻撃として増々暴力化し、、その結果(しかし、依然不十分な)ヘイトス ピーチ解消法が制定されるに至っています。実質的に日本社会は多文化・多民族・多国籍社会であるにもかかわらず、これまで積極的な移民住政策は打ち出され ていません。社会統合を支援する公的な取り組みはなく、「日本人らしさ」への強制的な適応がまかりとおっているのです。
同時に、私たちはヨーロッ パやアメリカにおける難民・移民に対するへのバックラッシュを目撃しています。特定の宗教や国籍に対する排外政策、文化の違いや雇用機会が奪われていると いう感覚、公的なサービスの負担増大など、日和見主義の政治家が推奨してきた立場である、すでに確立された生活スタイルへの圧力から緊張が生まれているの です。ギリシャ、スウェーデン、ドイツ、そしてイギリスを含めた多くの地域で、難民や移住者に対する恐ろしいヘイトクラムが多発しています。さら に、#Black Lives Matterという人種差別に対する反対運動が注目を集めているように、アメリカ合衆国の法的機関において存在する決定的な人種差別に毎週のように直面し ています。
グローバリゼーションの進展に伴う人々の越境的移動とアイデンティティーの多様化が、結局はこのような差別・暴力を生んでしまうので しょうか。限られた特権階層を除き、移民の受け入れを制限する政府にとって、これは有効な議論かもしれませんが、このような姿勢を便宜的な理由で受け入れ ることは決して許されません。
「融合」という概念が文化の多様性を最初から否定する方向性を有する一方で、多文化共生を目指す試みは、相互の交流や対話を避け、同じ社会の中で別々に発展してきたことから、失敗してきたとみなされています。
「包括」とは既に古くなった概念ですが、おそらく昨今の日本社会における難民・移民問題を取り巻く議論にとって、「包摂」の新しい解釈が求められているでしょう。

こ のリサーチグループは難民・移民問題に関心を持つ分野横断的な人々が集まり、組織されます。難民・移民問題から人種差別まで共有するために、社会学や、人 類学、や法学に立脚する個人からアートや文学、音楽の担い手まで、多様な人々によって構成されています。そして、リサーチ内容は日本(そしてより広い地 域)で生きる様々な個人や共同体に限定されたものにとどまりません。個人が能動的な主体性を積極的に表現できるプラットホームを作ること、つまり上記した ような「日本人らしさ」のような何かしらの規範を強要したり、特定のイデオロギーに基づく集団に個人を同化させるのではなく一人ひとりの創造性と自己表象 の可能性を促進することによるエンパワーメントを目指します。
 具体的な活動内容としては、毎月、このリサーチグループのメンバーとスペシャルゲ ストによる記事をウェブ上で発表することが、1つ挙げられますします。また、定期的にオンライン上ではなく、対面式のミーティングを開き、経験を共有した り様々なディスカッションを実施します。重要な点は、このグループが単に移民政策を学び、批判するだけではなく、議論や行動を通じて相互に影響を与え合 い、そのような「変化」によってなりたつ、豊かな共同体の創造を意識的に目指しているということです。
 このプログラムを通じて、私たちは「均一 な日本社会」という神話を脱構築し、日常生活に存在する無数の文化的アイデンティティーと経験を浮き彫りにすることを願っています。不可視化された事実を 学び、報告するにとどめず、個人が尊厳を持つ存在として尊重され、さらに無数の多様な声と表現が共存する舞台を共に探求し、作り上げていくことを目的とし ます。

 日本が2020年の東京オリンピックに向けて外国からの観光客の積極的な誘致を進める一方で、難民・移民に対しての包括的な支援を 怠ってきた点について批判的な目を向けなければなりません。なんの支援も与えず(3年で強制帰国させる)、ご都合主義的に労働力としてかれらを利用し、一 人ひとりがこの国のインフラや経済そのものにもたらしている根本的な貢献が目に見えない状態にあるのです。
 この「4年ごとの催し」で、グローバ ル社会の対立や矛盾が顕在化します。それは経済的なレベルでの人々の活発な移動と商業にとって好ましいことでしょう。しかしこの「おもてなし」という歓待 は無条件には程遠く、時間制限が付いているのです。私たちは単なる「文化交流」を賞賛するのではなく、むしろ日々積み重ねられている文化的な日常を強調し たいと考えます。「よそ者」が既存の社会やコミュニティーの中に入っていくという意味ではなく、外国出身の移住労働者、なんみん、移民、そして旅行者に よって生まれるトランスローカルな文化が、私たちの所属や共通点の認識を再構成するにあたりどれほど不可欠であるか、探ることなのです。そうした所属や共 通点の認識は、まさに「コモンズ」の形成と実践に貢献するものと言えます。

これは「私たち」と「かれら」のことではありません。
私、あなた、私たち、かれら、皆1>>of<<Uなのです。

※「在日」とは文字通りには日本に住んでいることを意味しますが、もともとは外国にルーツのある人々に対して使われていました。しかし今では朝鮮半島や中国にルーツのある世代(そのほどんどが日本で生まれ育っている)を指すようになりました。

1>>of<<U : Research Group
First Meeting
September 25(Sun) 12:00-14:00
Venue: Kosaten 167-0041 Tokyo Suginamiku Zenpukuji 4-1-1 Wada Bld. 4F
www.kosaten.org

contact: info@dis-locate.net

Japan is an international society. It has over 2.2 million foreign residents. It welcomed over 20 million tourists in the last year. It also has over 18000 refugees seeking asylum here. And furthermore intakes over 20000 low-skilled workers every year under its “trainee” system. The legacy of colonialism and the movement of people across East and S.E Asia can be seen in the large numbers of 2nd, 3rd and even 4th generation “zainichi”* who have in recent years born the brunt of attacks from an influx in hate-speech in major cities, leading to recent (inadequate) passing of an Anti-Hate Speech Law. Yet despite the complex make up of this society and its dwindling work force there is no active immigration policy, no public services to support social integration and a heavy rhetoric of “Japaneseness”.

At the same time we are witnessing backlashes against immigration across Europe and America, as tensions fray from cultural difference and perceptions of outsiders taking over jobs, burdening public services and overpowering previously established ways of life, a stance much encouraged by opportunist politicians. We have observed a frightening spate of hate crime against refugees and immigrants in Greece, Sweden, Germany and UK to name but a few, and we are reminded on a weekly basis of the lethal prejudice which exists in law institutions of the US as spotlighted by the ‪#‎BlackLivesMatter‬ movement.

Does the freedom of movement, the crossing of borders and the blurring of identities as part of global society ultimately result in this conflict? This is perhaps a useful argument for a government which aims to restrict immigration to only a privileged few, but such a stance cannot be accepted out of convenience.

The project of multi-culturalism is perceived to have failed as separate cultures have developed from isolation from each other in the same community, whilst “assimilation” refuses the diversity of culture from the start. “Inclusivity” has become already a dated word but its renewed interpretation is perhaps most pressing to debate in the current state of Japanese society.

This research group has been established to bring different fields together, not only those of sociology, anthropology and law but also, importantly, actors of the cultural fields of art, literature and music, to share in a dialogue on immigration and the issues of inter-cultural conflict and racism. It intends to go beyond mere observation of the state of different individuals and communities in Japan(and the wider world) and aims to provide a platform which actively encourages the personal expression of a multitude of subjectivities, seeking empowerment by raising visibility of individual creativity and self representation which surpasses the demands to be categorized and represent one’s “associated group”.

Every month we will publish papers from our members and special guests on our dedicated web platform. We shall also organize regular face to face meetings to share experience and debate various positions, whilst also engaging in field work, workshops and presenting timely events which pin point key issues currently facing society. Ultimately this group is not concerned solely with lobbying on immigration policies but hopes to foster a heterogeneous community of diverse “becomings” which might be activated by each other through discourse and action.

Through this program we hope to break through the dated myth of a homogeneous society and show the plethora of cultural identities and experiences which exist in our daily life. Its purpose is not only to inform people of this reality but also explore and create this together, providing a stage for numerous voices and expressions which are each to be respected in their singularity.

As Japan heads towards the 2020 Tokyo Olympics and appears to welcome foriegn tourists with wide open arms we need to turn a critical eye towards the lack of long term commitment to immigrants to this country, the opportunistic use of a labor force with no strings attached (sent back to their countries after 3 years) and the lack of visibility of the fundamental contribution which such individuals make to the very infrastructure and economy of this country. We observe in this “Quadriennale” the very conflicts and contradictions of global society which welcomes the open movement of people and commerce upon an economic level, but later reveals this omotenashi (hospitality) to be far from unconditional and fixed with a time-limit. We hope to reach beyond mere celebrations of “cultural exchange” and rather highlight cultural realities lived day by day. This is not a case of the “outsider” entering the established circle of a society/community but rather exploring how the translocal cultures of foreign migrant workers, refugees, immigrants and travellers might be vital in reconfiguring our sense of belonging and commonality which may contribute to the very formation of the “Commons” and the action of commoning.

It is not a case of us and them.

I am, you are, we are, they are 1>>of<<U.

Event Timeline
Sun Sep 25, 2016
12:00 PM - 2:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
あなたの公差転
Tickets
1ofU
Venue Address
167-0041東京都杉並区善福寺4-1-1和田ビル4F Japan
Organizer
kosaten
101 Followers